会議なのだ



11月のとある日。
何年ぶりだろうというくらい、訪れていなかった岡山県に行きました。
これ、全部水です。噴水。
20141130-1

岡山駅には、ももたろうさんの銅像が。
20141130-4

前泊だったので、この日は路面電車に乗って、後楽園と岡山城へ向かいました。
20141130-3

路面電車って何年ぶりだろう、ワクワクしました。
20141130-2

「岡山城」初めて見ました。
20141130-6

後楽園の周辺には、博物館と美術館などが点在しています。
博物館をゆっくり見て回ることができました。
20141130-8

後楽園の入り口には、秋らしい菊の展示。
20141130-7

後楽園は、夜間のライトアップの展示をしています。
20141130-9

後楽園を出る頃には、うす暗くなっていました。
20141130-10

さて、本題に入りましょう。
今年は、ESDの10年という節目の年だそうで、岡山と名古屋で国際会議が開かれました。
私は、ESDとは関係がない研究なのですが、
ユネスコという国際機関が行う国際会議ということもあり、もちろん行ってきましたよ。
20141130-5
岡山で数日間開かれた後、名古屋でも本格的な国際会議が開かれました。
催し物がいっぱいでした。
私の研究に取り入れられそうなものもありましたので、
全く勉強にならなかったわけではありませんでした。
良い体験ができました。
もちろん、ピクさんはお留守番となりました。(>_<)
こんな感じで、11月もあっというまに過ぎていきました。




このブログは「ピクの分離不安」のホームページよりリンクされています。
ホームページはこちら↓
http://www.geocities.jp/pikunano2005/
スポンサーサイト
カウンター
オンライン
フリー