プロフィール

ピクナノ

Author:ピクナノ
2007年よりこちらでブログを開始いたします。よろしくお願いいたします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター

オンライン

フリー

余命は余命

<画像は、クリックすると拡大します>



まだ5歳のナノ。
若いのだけれど、中年齢と言われる頃からリンパ腫になる子が多いようです。
どうして、こんなことになったのだろう。
もうそれしか頭に浮かんできません。
20100323-1


ピクとナノ、2頭一緒にいることが当たり前となっていました。
私の人生にいつも寄り添って歩いてくれました。
そんな当たり前のことを突然、神様は奪っていきます。


ベットで、すやすや寝むるピクナノ。
ナノはいつも私のおなかの辺りで寝ます。
ピクはいつも私の足の辺りで寝ます。
ナノは、赤ちゃんみたいに可愛い寝顔。
ピクは、僕にさわらないでと神経質そうな寝顔。


いつかは、お別れが来ると思っていたのですが、
本当に早いです。
何気ない生活をもっともっと続けたかった。


私は、先生の余命宣告を受けてから、冷静になって考えてみました。
余命は余命。
早くなることも遅くなることもあります。
そして、余命を無視して長生きすることもあります。
私たちは、ナノの病気に負けないで、ナノと一緒に病気と闘います。
一番、つらいのはナノ。
少しでも痛みを取ってあげたい。


神様どうかナノの病気をこれ以上悪くしないでください。
(>_<)
そして、金曜日にまた護摩を焚きに行ってきます。
ナノの病気全快をお願いしてきます。
今日は、東京大学の動物病院にも問い合わせして聞いてみましたが、
やはり、今の病院の先生の治療方針は良いとのこと。
だけど、大学病院の大きな施設で何か治療はできないものだろうか・・・




このブログは「ピクの分離不安」のホームページよりリンクされています。
ホームページはこちら↓
http://www.geocities.jp/pikunano2005/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pikunano2007.blog87.fc2.com/tb.php/1369-203f802a

 BLOG TOP