ビーグル犬のピクナノ生活 2007~2018
ビーグル犬の異母兄弟「ピクナノ」が送る日々の生活を記録します
ドキソルビシン2回目
<画像は、クリックすると拡大します>



今日は、ナノの抗がん剤の日。
ドキソルビシンという赤い抗がん剤を投与します。
これは、副作用として敗血症をおこしやすく、感染には気をつけなければいけません。
投与は点滴でゆっくりと投与をしますが、その間、動いたりして抗がん剤の液がもれると
手足が腐っていきますので、看護師さんがつきっきりで診ていてくれます。
朝一番で病院へ行きました。
20100730-1


血液検査とエコー検査をして、何も異常がなかったので投与となりました。
20100730-2

夜までナノは入院です。
私も夕方から用事があったので、ピクは2時間くらいペットホテルに預けました。


そして、夜はペットホテルにピクをお迎えに行き、
続いてナノを迎えにピクと行きました。
20100730-3


ピクは、新しい病院へ変わってからは初めてです。
20100730-4


ナノは無事抗がん剤も終わり、今日帰宅できます。
20100730-5


ピクと一緒だったので、ナノも元気でした。
20100730-6





このブログは「ピクの分離不安」のホームページよりリンクされています。
ホームページはこちら↓
http://www.geocities.jp/pikunano2005/
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ビーグル犬のピクナノ生活 2007~2018. all rights reserved.