レスキュー抗がん剤
<画像は、クリックすると拡大します>



今日は、ナノの病院です。
血液検査の結果、問題なかったらL-アスパラギナーゼというレスキュー抗がん剤を投与します。
20100929-4


ナノのリンパは、あちこち腫れてきています。
肩のリンパは今までの中で最高に腫れています。
20100929-5


血液検査の結果、抗がん剤投与OKとなりました。
それと同時に、私は先生に聞きたいことがあったので聞きました。
ナノの治療のことで、癌ペプチドワクチンという人間の治療で画期的なものが出てきているということを先生に話しました。
もちろん、獣医に回ってくるのは何年も後のことで、しかも、その治療が必ずしも今後残ってくるとは限らず、ガン治療でも新しい治療方法が出てきては消えてとしているようです。
でも、なんだか、画期的なものだというイメージがあって諦めきれません。
20100929-6


ナノは抗がん剤投与となり、一日入院となりました。
午後からピクさんとお散歩。
なんだか二人だけのお散歩は寂しいね。(>_<)
20100929-7


今日のお散歩は少し違う場所。
20100929-8


向かった先は・・・
20100929-9


神社です。
ナノのことをお願いしに来ました。
20100929-10


ピクさんも一緒にお参りです。
20100929-11


どうか、どうかナノをもう少しこの世に居させてください。
20100929-12


夜にナノを迎えに行きました。
無事、抗がん剤は終わっていましたが、このレスキューが効いてくれると良いのですが・・・






このブログは「ピクの分離不安」のホームページよりリンクされています。
ホームページはこちら↓
http://www.geocities.jp/pikunano2005/
スポンサーサイト
【2010/10/01 23:59 】 | 病院 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<少し心配です | ホーム | 安静にね>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pikunano2007.blog87.fc2.com/tb.php/1581-613ef7f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |