プロフィール

ピクナノ

Author:ピクナノ
2007年よりこちらでブログを開始いたします。よろしくお願いいたします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター

オンライン

フリー

ナノのお参り

<画像は、クリックすると拡大します>



今日は、月に一度のナノの病気平癒の護摩焚きに行ってきました。
午後からだったので、お昼までは家でゴロゴロ。
そんな時、注文していたコレ↓届きました。
最近、エステ系にハマっている私。
眉を整える、顔専用のシェーバーを買いました。
やっぱり、新しい商品って良いですね~
20101023-1


午後からナノの護摩焚きに行ってきましたが、姪っ子も一緒に行くというので連れて行きました。
ナノは連れて行きたかったのですが、やはり体調が悪化していることもあって、止めました。
姪っ子にも、しっかりと「ナノの病気が治りますように」とお願いしてもらいました。


夜は2頭ともベットでお休み。
20101023-2


ナノの状態は悪化しています。
ご飯はよく食べますが、寝ることが多くなって、
部屋の中を歩いてトイレや水を飲みに行くのですが、
少しフラフラしているような気がします。
20101023-3


こんなにもお願いしているのに、治してあげられないなんて、
すごくすごく辛くて何に怒って良いか分からなくて、本当に複雑な気持ちです。
獣医ドリトルみたいな良い腕の獣医がいたら、ナノのことを治して欲しいです。
「治してくれるなら、お金はいくらでも出します。」
 ↑獣医さんに言ったことがありますが、それでも治せない病気だと言われました。(>_<)
本当に、本当に、困り果てています。。。
どうしたらナノを救ってあげられるんだろう。
アメリカへの骨髄移植は、リンパが腫れているのではできないのです。
完全寛解の状態でなければ、行って骨髄移植はできません。


お金さえかければ何とかなると思ってた私。
お金さえかけて、高度な病院に行けば治ると思っていた私。
そんな私の考えを180度変えたのは、
ナノのリンパ腫でした。
お金をいくらかけても、治らない。
抗がん剤投与で毛をカットするものだから、
ナノの体には、あちらこちらにハゲができています。


色々な病院にも行きました。問い合わせもしました。
アメリカから骨髄移植のハンドブックも取り寄せました。
痛い注射を何度も打ちました。
抗がん剤を何種類も投与しました。
副作用から何度も生還しました。
お散歩も楽しい旅行も我慢しました。
病院に何度も通いました。入院もしました。
獣医さんに無理も言いました。
良いと言われたサプリメントは試しました。
神頼み、お寺頼みもしました。
護摩焚きをし、お守りや木札も作ってもらいました。
動物としゃべれる人にナノの気持ちを聞いてもらいました。
病気を吸い取ってくれるという所にも行きました。
ピクも一人でお留守番を頑張りました。
どうして、よりによってナノが、って思ったこともありました。
日本の動物の治療が遅れていることを腹立たしく思ったこともありました。
ナノの居ないところで一人で泣いたこともありました。
ピクと一緒に泣いたこともありました。


もう、私にできることはないのだろうか・・・
私にできること、それは、
ずっとナノのそばに居てあげること。






このブログは「ピクの分離不安」のホームページよりリンクされています。
ホームページはこちら↓
http://www.geocities.jp/pikunano2005/
スポンサーサイト

コメント

さくらさん へ


さくらちゃんもナノと同じ病状なんですね。
ものすごく首や足が腫れています。
食いしん坊なナノなので、ご飯は食べてくれていますが、
最近は、新しい抗がん剤の導入になると吐くことが多くてご飯抜きになってしまいます。
水を飲んでも吐くので、与えられません。
でも、すごく頑張っている姿を見て、
やっぱり、生きたいと思っているのかなと思わずにはいられません。

どうして悪いことしてないのに、こんなに良いコが早くに病気になるなんて、「ひどい!」と何度思ったことでしょう。
悪いことして生きている人なんていっぱいいますし、
意地悪な人だって、のうのうと生きています。
なのに、どうして罪のないナノが病気になって苦しい思いをしなければならないのかと思うと本当に本当に無念でなりません。

こんばんわ。さくらとナノさんの病状が全く一緒なんです。私も今日病院の帰りにさくらといつもの公園に行って帰りに出来るだけさくらの傍に居てあげる事がさくらの一番して欲しい事だとおもいました。ナノちゃんは間違いなく幸せですよ。さくらは凄く苦しみを我慢しています。一生懸命に御飯もたべてくれます、ちゃんとシーツにおしっこもしてくれます、フラフラしながら私達を迎えにきます。さくらに感謝の気持ちで一杯です。ナノさんもママが大好きだから傍に居てくれるだけで幸せだとおもいます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pikunano2007.blog87.fc2.com/tb.php/1599-8cca42f8

 BLOG TOP