プロフィール

ピクナノ

Author:ピクナノ
2007年よりこちらでブログを開始いたします。よろしくお願いいたします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター

オンライン

フリー

天国での位

<画像は、クリックすると拡大します>



とうとうナノは天国へ御引越してしまいました。
役所とマイクロチップの会社へ届を出してこなければと思っていましたが、出せずにいました。
今日、役所にナノの届けを出してきました。
やっぱり、涙が出てきます。
助けてあげたかったぁ!本当に!


ピクさんは、群れで暮らす犬なのにナノがいなくてずっと一人です。
20110127-1

ナノの天国での位の話です。
ナノは病気になってからずっとお守りを持っていました。
そのお守りは、ナノ専用にご住職さんが書いてくれたものです。
ナノ以外の人間やピクでさえも身につけてはいけません。
なので、私は私用に、ピクはピク用にそれぞれお守りをつくってもらっています。


そして、もし亡くなるようなことがあれば、一緒に棺に入れてあげてと言われていました。
そのご住職さんが言うには、
お守りを身につけてあの世に行くということ。
それは、犬であるナノがお守りを持っているということは、
それくらい人間界で人間に大切にされていた証拠。
天国にいる神様が、ナノを畜生の中でも一番良い位に置かせてもらえるとのこと。

特に、神社には狛犬が鎮座していますが、
狛犬は神様のつかいの中でも一番、神様に近い存在なのだそうです。
その神様のつかいの狛犬の中でも、一番良い位にナノを置いてくれるのだそうです。
これは、昨年の夏にお守りを作ってもらった時に聞いていました。
想像はしたくなかったけれど、もしナノが亡くなることがあれば、
絶対にお守りを身につけて棺に入れてあげようと思っていました。


きっとナノは天国でお守りを見た神様が、一番良いところを用意してくれてそこに居るのに違いないと思っています。
それに、ナノの闘病生活の頑張りを見たら、絶対にナノは神様に良くしてもらって、成仏しています。
佛教や神仏の人間的な考えかもしれませんが、
もし、死後の世界があるなら、私はこういう考えもありかなと思っています。


最近、ちょっと私の中で気持ちの変化もありました。
ナノの病気を治してあげられなかったから、いつかは救える命を救いたいと思っています。
ナノに悪いなぁとかナノを忘れてしまったのとか思うかもしれませんが、
ナノは忘れていませんし、絶対に一生忘れることはありません。
でも、ナノの病気を治して助けてあげれなかった分、
救える命を救いたいと思い始めたのです。
それは、まだまだ先のいつかの話ですが・・・





このブログは「ピクの分離不安」のホームページよりリンクされています。
ホームページはこちら↓
http://www.geocities.jp/pikunano2005/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pikunano2007.blog87.fc2.com/tb.php/1656-5b604fce

 BLOG TOP