プロフィール

ピクナノ

Author:ピクナノ
2007年よりこちらでブログを開始いたします。よろしくお願いいたします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター

オンライン

フリー

完治です

<画像は、クリックすると拡大します>



今日は、私も家に帰ってきているので朝から病院です。
ピクの肺の状態をエックス線撮影をして状態を確認するためです。
ピクの肺は、以前のものと見比べるとすごく良くなっていました。
完治です。


支払いをしている間、ピクは早く帰りたいとドアの前で待っています。
20110201-1


これは、私が指示したのではなくて、自分からこうやって座りました。
20110201-2
完治したのですが、また同じように肺炎になる可能性もあります。
気をつけなくては。





このブログは「ピクの分離不安」のホームページよりリンクされています。
ホームページはこちら↓
http://www.geocities.jp/pikunano2005/
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ネルさん へ


ネルさん大丈夫ですか?
もう落ち着きましたか?
こういうことを聞いている私は、まだまだ落ち着きません。
ピクとお散歩している時も、涙が出てきます。
病院へ行った時も、ナノと通った病院で悲しくなります。
それに、ガンと聞いたらナノのことを思い出します。
まだまだ、ダメです。

私もできることなら、ナノと通った病院へ行きたくないです。
ナノが、におっていた花壇のパンジーもそのまま、
何もかも変わっていません。
変わったのは、ナノが私たちの元から天国へ行ったという事実。
すごく無情です。
それでも、日々生きていかなければいけないという矛盾。
矛盾と言うと、間違いかもしれませんけれど。。。

ピクちゃん、元気になってよかったです。

うちには、猫もいるのですが、愛犬がいなくなってから動物病院に行くのが辛くて・・・。健康診断を勧められているのですが。

動物達も、一緒に住めばわが子同然ですよね。
しゃべれない、自分で判断できない赤子同然。
だから飼い主がイロイロ判断して、病院に連れて行ったり、良かれと思えばどんなことでもしたい、しなくちゃいけない。

わかっていても、なかなか動物病院に足を運べないので、ピクちゃんの飼い主さんは、すごいなぁ・・・としみじみ感じてしまいます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pikunano2007.blog87.fc2.com/tb.php/1663-e7b8e58e

 BLOG TOP