プロフィール

ピクナノ

Author:ピクナノ
2007年よりこちらでブログを開始いたします。よろしくお願いいたします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター

オンライン

フリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またです

<画像は、クリックすると拡大します>



ピクさんが、また体調悪化。
血がまじった下痢と嘔吐しました。
見た目は元気そうですが、今朝の下痢嘔吐を見て、病院へ行きました。
下痢と嘔吐したものも一緒に持参しました。
実は、昨日の夜にピクの体のチェックをしていた時、
前足と後ろ足のリンパが腫れているのかなと気が付きました。
ナノのように腫れてはいないのですが、
ビー玉くらいで脂肪か何かの塊りなのかなと思っていました。
人間でもリンパが腫れる場合もありますから、
リンパ腫ではないと思います。


前回の病気の続きかなということと、一応、腫瘍専門のナノの病院へ行きました。
20110206-2


今日は、ラクダのコブの点滴と、吐き気止め、下痢止めなどなど色々な薬剤を混ぜたものを皮下注射。
これで、今日一日様子を見ます。
20110206-1


ピクはここのところ体調不良が続いています。
家でお留守番だったのですが、ナノが亡くなって初めて一人きりでお留守番を3日間したことや
ナノが亡くなって一人ぼっちになったストレスもあるのでしょうか。
3日間のお留守番の時は、きちんと母が見てくれていたのですが…
このままだとピクさんが弱ってしまいそうな予感がします。
だからと言って、新しいコを迎える気にはなれません。
いったい、どうしたら良いのかなぁ~




このブログは「ピクの分離不安」のホームページよりリンクされています。
ホームページはこちら↓
http://www.geocities.jp/pikunano2005/
スポンサーサイト

コメント

らんまるさん へ


はじめましてです。
コメントありがとうございます。

私も12月に亡くしたのですが、今もまだ悲しみから抜けずにいます。
本当に、辛くて辛くて、何を見てもナノのことに結び付けてしまうのです。
これって本当はいけないのですが、どうしても今はまだダメです。
もっと、こうしてあげたら良かったとか、
もっと、もっと、もっと・・・
って思うことは、ほんとにたくさん、無限大と言ってもイイくらいあります。
それくらい、大切にしていた、愛犬のことを考えていた証拠なのでしょうけれど、
私からすれば、すごく悩ましいことなんです。
後悔もたくさんありますが、それと同じくらい、幸せだったこともたくさんありました。
愛犬には感謝しきれません。
らんまるさんも、今はただただ悲しいと思います。
きっと、みなさん似たような経緯をたどって、ようやく正常に近い精神状態に戻っていくのだと思います。

人のストレスで一番ストレス度が高いのが、親の死というのを大学の資料で見ました。
愛犬の死は、それに近いくらいストレスとなっているのだと思います。
だから、今は無理せず、お互いに日々、生きていきましょうね。
同じビーグルを飼っていたということで、ぐっと近くに感じられました。
らんまるくんが、ナノがいる天国で一緒に遊べるように、
ナノに伝えておきますね。
こういう言い方は不適切かもしれませんが、
ナノもきっと友達が増えて喜んでいると思います。
らんまるくんにもナノというビーグルちゃんが天国にいるので、
一緒に遊んであげてねって伝えて頂ければ幸いです。


また、ブログに遊びに来てくださいね。

キャベツ男さん へ



ピクがこんなにも体調を悪くするなんて思ってもいませんでした。
やっぱり、ナノの存在は偉大だったのですね。
私もキャベツ男さんと同じ考えで、
今は、新しいコというよりも、ピクと一緒に過ごすことが一番だと思います。


ある専門家から言わせると、
群れで生活する動物なので、一頭で生活するよりも、一頭でお留守番するよりも、
二頭で生活する、二頭でお留守番する方が安心できると言っていました。
専門家さんのアドバイスも良いのですが、
今はまだ新しいコを迎えてもナノと比べてしまうと思いますので、
迎えたいけれど、迎えたコにもナノにも悪いと思っています。
また、専門家さんのアドバイスなどを受けつつ、
新しいコを迎えれる準備が整ったら、いつかは迎えてあげても良いかなと思います。

初めまして。突然お邪魔します。

こんにちは。突然失礼します。
2011年2月8日午前12時過ぎに、わたしの実家で飼っていたビーグル犬のらんまるが天国へ旅立ちました。13歳と9ヶ月でした。
悲しくて寂しくて会いたくて、ケータイでビーグル犬を検索していたら主さんのblogにたどり着きました。らんまるは見た目がナノさんそっくりで涙がでてきました。
先週まですごく元気だったのに具合が悪くなって別れは突然でした。
先週土日から急に具合が悪くなって、月曜日めずらしくわたしが運転して医者に連れていったんです。
もう自分では起き上がれなくなってて、医者から帰ったら横になったままずっと悲痛な声で何か訴えるように吠え続けてました。そんなに吠え続けるのを見るのは初めてでした。
わたしは嫁いでいるので夕方に帰らなきゃいけなかったのですが、当然また会えると思って普通に帰りました。
らんまるはわたしが帰ってからも夜中に亡くなるまで吠え続けていたみたいです。
最後の力を振り絞って吠え続けて…痛くて辛かったのでしょうか?何か訴えたかったのでしょうか?それを考えると胸が痛くてたまりません。
もっと優しくしてあげれば良かった、もっとたくさんなでてあげれば良かったと後悔ばかりがつのります。
わたしが17歳の時から飼っていて、実家に行けば必ず居て…居るのが当然だったのに、いないのが信じられません。

寂しがり屋で必ず家族の後をついて周り、昼寝も夜寝るときもくっついて寝ていたらんまる。
どうか天国でたくさんの仲間に囲まれて寂しくありませんように。
まとまりの無い長い文章ですみません。
どうしても同じ悲しみがわかる方に聞いてほしくて。
ピクさんが早く元気になりますように。

きっと・・

きっとピクちゃんも色んな事を乗り越え、特にナノちゃん治療の時にはおりこうにして協力しながら回復を願っていて 今になってどっと疲れが出たのでしょうね~・・・。 たっぷりと甘えたいしね~・・・。
新しい子を迎えても性格が合わないと可愛そうな気がしますよね・・・
ゆったりとママさんと過ごすのが一番の薬かな~・・・なんて思いますね。
(かってな考えですみません。)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pikunano2007.blog87.fc2.com/tb.php/1666-b17b0ded

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。