プロフィール

ピクナノ

Author:ピクナノ
2007年よりこちらでブログを開始いたします。よろしくお願いいたします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター

オンライン

フリー

ナノの夢

<画像は、クリックすると拡大します>



寝起きのピクさん。
もう、ひとりで寝るのも、ひとりでお留守番も慣れてきたのかな?
20110224-1


私が外出中の時、私が大学で家にいない時、ピクはおりこうさんにお留守番しています。
20110224-2


今日は、夢の話をしたいと思います。
ピクも寝ている時、寝吠えや足を動かしたり、しっぽを動かしたりすることがよくあります。
きっと夢を見ているのだと思われますが、
私が今朝見た夢の衝撃だったこと!
20110224-3


実は、ナノが初めて夢に出てきた話です。
ナノが、夢の中に出てきたことがあります。
1度目は、背景が真黒の中にナノが座っているだけのもので、
すーっと消えて行きました。
この夢は、京都のお寺にナノのことでお礼参りに行った日の夜のことです。

今朝見た夢は、ナノがストーリー的な夢に出てきたのです。
こんなことって初めてでした。
夢の内容は、
姪っ子の家に、なぜだか分からないけれど、ナノが預けられています。
その姪っ子の家に私とピクが行くと、ナノが私に駆け寄ってきました。
私は、ナノを連れて帰ろうか迷っています。
でもピクも一緒に姪っ子の家にお泊りさせることにしました。
姪っ子のママと私は、ナノが寝ている場所について話しを色々としています。
まだ、私はナノを連れて帰るか迷っています。
でも、やっぱりピクと一緒に姪っ子の家にお泊りさせて私だけ帰りました。
私は、姪っ子の家から出て帰りました。
ところが、私が家に居ると、ピクとナノが一緒に帰ってきたのです。
ナノが私に一目散に駆け寄ってきました。
私はナノを腕の中に抱っこして、思いっきり抱きしめていました。
すぐ横にはピクも嬉しそうにしていました。
そこで夢は終わりました。
夢でなく現実になると良いのですが、もう二度と現実になることはありません。
すごく悲しくなりました。





このブログは「ピクの分離不安」のホームページよりリンクされています。
ホームページはこちら↓
http://www.geocities.jp/pikunano2005/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pikunano2007.blog87.fc2.com/tb.php/1686-c5051513

 BLOG TOP