プロフィール

ピクナノ

Author:ピクナノ
2007年よりこちらでブログを開始いたします。よろしくお願いいたします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター

オンライン

フリー

防災

<画像は、クリックすると拡大します>



地震の中、新しい命の誕生もあり、少しほほえましい光景も見られていますが、
まだまだ、多くの行方不明者の方々がいますし、大変心配な状態です。
さて、地震の話で、話す機会がなかったのですが、
ドイツにいる、いとこの姉夫婦に、
3月8日に無事、女の子が誕生しました。
二人とも医者なので、研究のためにドイツに数年間いるのですが、
パパも育児休暇をとって、親子3人で生活をしているようです。
もう退院しているかどうかってところですが、
ドイツは、日本と違って育児休暇を自由にとれるところが多いようですね。


地震の話に戻りますが、
被災された地域もそうですが、被災地域の周辺でも物資が入ってこなくて、
物流が上手くいっていないうえ、買い占めをしている人も多く、
品不足が続いているようです。
明日は我が身です。
今再度、「防災」の意識が高まっています。
私も、そんな一人です。
防災グッズの再確認をしました。
今まで色々な地震に遭遇してきましたが、やはり怖いです。


ピクは絶対に連れて避難するからね!
20110315-1
私が、毎日行っている「防災」の一つに、ピクの部屋での放し飼いがあります。
ピクやナノもそうでしたが、
1つの部屋の中でケージに入れるのではなく、
1つの部屋の中で、放し飼いをしています。
ケージに入る訓練もしていますので、ケージに入ることには慣れています。


20110315-2

部屋の中で放し飼いをするには、重要な意味があります。
①地震がきた場合、ケージに入っているよりも自由に行動できるので、家が倒壊してもどこかの隙間から脱出できるように
②火災がおきた場合、ケージに入れられていると自分で身動きがとれないので、部屋の中で放し飼いだと、家のどこからか脱出できるように
このような理由から、毎日お留守番の時はケージには入れません。
完璧ではありませんが、通常は部屋でおとなしくお留守番してくれているということ、
ケージに入る訓練をしていることなどなど、
良いお留守番ができる状態になっているということを前提でやっています。


ひとつ問題なのは、ピクは分離不安がありましたので、
ひとりでケージに入っていると吠えることもあります。
獣医さんのところで、デベソの手術をしたときがそうでした。
一泊しないで、夜には帰宅させてもらいました。
帰宅しても問題のない手術だったこと、
経過が順調であったことなどで、日帰りとなった経緯があります。
ですので、ひとりで知らない所でケージに入っているよりも、
最悪、ケージに入らなければならなくなっても、
私や家族と一緒にいる方が安心できるようです。





このブログは「ピクの分離不安」のホームページよりリンクされています。
ホームページはこちら↓
http://www.geocities.jp/pikunano2005/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pikunano2007.blog87.fc2.com/tb.php/1690-44f14a8d

 BLOG TOP