ビーグル犬のピクナノ生活 2007~2018
ビーグル犬の異母兄弟「ピクナノ」が送る日々の生活を記録します
春の花
<画像は、クリックすると拡大します>



もうすぐお彼岸とナノの百か日です。
ナノが天国へ行ってから100日が経つのです。
100日というのは、どういうことかというと、
残されたものが、泣くのをやめて通常の生活に戻ることを意味しているようです。
そんなこと、できない。
でも、いつまでも泣いてメソメソしていたら、天国のナノが心配して、
おちおち天国で寝てられないと言われそうです。


ナノのお花は、いつも明るい花を生けています。
ナノをイメージして生けるのですが、
春先はガーベラがいっぱい出ていたので、
ナノらしい、やさしいイエローのガーベラを買ってきました。
20110306-7


カサブランカもナノが良い香りをかぐイメージがあったので買いました。
20110306-8

バラはトゲがあるので、生けない方が良いとのことなのでバラは一切生けていません。
天国にいるナノが歩いたときに、トゲがナノの足に刺さるという言い伝えから、そうしています。
これも人間界の勝手な迷信なのかもしれませんが・・・







このブログは「ピクの分離不安」のホームページよりリンクされています。
ホームページはこちら↓
http://www.geocities.jp/pikunano2005/
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ビーグル犬のピクナノ生活 2007~2018. all rights reserved.