プロフィール

ピクナノ

Author:ピクナノ
2007年よりこちらでブログを開始いたします。よろしくお願いいたします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター

オンライン

フリー

去年の今日~治療のお金の話~

<画像は、クリックすると拡大します>



去年の今日。
ナノはリンパ腫と診断されました。
ちょうど、前日からお泊まりしていた姪っ子と一緒に病院へ行ったのを覚えています。


ナノを抱きしめる姪っ子です。
20100320-3


病院で、家で、車の中で、どれだけ涙を流したでしょう。
どうして、ナノが、こんなに良いコがリンパ腫になるのでしょう。
何を恨めば、何に怒りをぶつければ・・・
これは現実じゃない、寝て起きて明日になればナノのリンパ腫は無くなっているはず。
絶対に助けたい。
死なせるものか!
亡くなる12月まで、本当に本当にナノは頑張りました。
そして、私に色々なことを教えてくれました。
今は、ただただナノに感謝する日々です。
しかし、こうやって、ブログを書きなが号泣している私がいます。
本当に助けたかった。
どうしても諦められなかった。
痛い思いをしているのはナノなのに・・・


ナノは、どう思っているのだろう。
動物と話せる人にナノのことをみてもらったこともありました。
神頼み、護摩ご祈祷、すがれるものは何でもすがりました。
サプリメントも良いと聞けば、値段関係なく買い続けました。
手術して助かるものなら、いくら出しても助けたい。
アメリカでの骨髄移植のために、色々な準備やアメリカへ渡航するための知識など、
できることは前もってやりました。
全部英語のパンフレットも辞書片手に調べ理解しようとしました。
しかし、アメリカでの骨髄移植は、何度も再発を繰り返していたナノには不可能でした。
アメリカへ渡っても、ナノの体力と再発をしてしまうと骨髄移植はできません。
結局、アメリカへ行くことはできませんでした。
抗がん剤投与し、プロトコルの途中で再発の繰り返し。
もう、投与できる抗がん剤は、ほとんどありませんでした。


最後の手段として、ナノの担当の獣医さんが研究している、
人間の医学部で実験段階にあるものを使うという話になっていました。
実際に医学部の教授にお願いして話を通してもらっていました。
また、私も個人的に、ドイツにいる姉夫婦にお願いして、
人間のために使われ始めた新薬を手に入れたい。
今は、人間のために使われ始めているので、動物にまで回ってこないと獣医さんが言っていました。
それなら、ドイツにいる姉夫婦にお願いするか、姉の旦那さんの父親が大学病院のトップだから、
どうしても動物用に分けてもらえないか、お願いしてみよう・・・
おそらく、違法かどうかのギリギリ。
人間のガン治療でも、なかなか手に入らない新薬なのに、ナノのために回してもらえるには、奇跡に近い確率でした。


また、製薬会社に勤めている人がいるので、
その人にお願いして、高額な抗がん剤や新薬をナノの担当の獣医さんに特別に卸してもらおう。
本当に、単細胞の私の頭で考えつくことは、入手確率0.00000000001パーセントのことばかりです。
それでも、どうしても助けたかった。
人間のリンパ腫やガン治療は、どんどん発展しています。
犬に使っても効き目は無いと思いますが、それでも、何もしないよりかは・・・と思っていました。
私も、精神的にギリギリのところまできていました。
私の髪の毛は、白髪がほとんどなかったのですが、この1年弱で白髪が増えました。
まだ、白髪が増えるような年齢でもないと思っていたのですが、ストレスだと思います。


結果、どれもこれも投与することもなく、ナノは逝ってしまいました。
でも、ナノはどう思っていたのか。
今でも分かりません。
20100320-5


犬の治療費は高額だと言われています。
アニコムなどの保険ができていますが、それでも利用に限度額や回数制限があったり、
複数の会社の保険に入り、100%以上の保険に加入していても100%以上の保険は出ませんし、
複数の会社の保険に入って、100%以上の保険に加入することは禁止されている保険会社もあります。
人間は、入院日額いくらと出ますが、ペットの保険というのは特殊です。
ナノは保険に入ろうとしていた矢先、リンパ腫と診断されましたので保険は入れませんでした。


ブログだから、正直に書きますし、保険会社の人もそれくらいはかかると言っていました。
ナノの治療費とリンパ腫になったことによってかかった費用は、車一台余裕で買えるくらいです。
私の場合は、ナノの病院での治療費、入院費、関東まで飛行機に乗って診てもらいに行った費用、特別食、サプリメント、神頼み、ご祈祷などなども含めてということです。
グレードにもよりますが、BMWやベンツ1台は買えるかなあ~
それでも、この日のためにお金を残していたようなものだから。
いくら出しても、ナノを助けたかった。
ナノの命は、お金の金額の問題じゃなかった。


賛否両論あるかもしれませんが、ペットがガンになったら、病気になったら、
決してお金の問題と切っても切り離せません。
そして、今、東北関東大震災で苦しんでいる多くの動物たちのために、
ナノのために残していた資金と物資とナノの気持ちをお届けしたいと思っています。





このブログは「ピクの分離不安」のホームページよりリンクされています。
ホームページはこちら↓
http://www.geocities.jp/pikunano2005/
スポンサーサイト

コメント

あけさん へ


コメントありがとうございます。
本当に、被災された方々のことを思うと、これだけの治療をしてあげて、
そばにいてあげられる環境であることは、ある意味幸せなのかもしれません。
一時は、私も自分が不幸のどん底にいると思わずにいられないほど、
ナノのリンパ腫については、どうして良いか分かりませんでした。

海外での骨髄移植については、ほとんどが自己血移植になります。
人の白血病の骨髄移植は、ドナーが現れるまで待ちますが、
犬の場合の移植は、自己血移植です。
しかし、移植をして成功したからと言って、治療が終わりではなさそうなのです。
海外で移植をして帰国した後、しっかりと診てくれる専門の獣医さんにかかる必要があると思います。
この点が、まだ研究段階ということもあり、落ち込むところです。

海外での犬の骨髄移植は、アメリカの色々な大学が行っており、
私が知っているだけで2校あります。
この2校は、詳細を聞くと、少し違う移植を行っている印象がありました。

私もナノを連れてアメリカへ行き骨髄移植をしたかったです。
ナノの場合は、完全かんかい期間が短く、連れて行きたくてもできませんでした。
ナノが抗がん剤治療をしていた獣医さんのところは、ガン治療が得意な先生です。
この先生のところでも、ここまで抗がん剤治療をしたことがないという
前例のないものでした。
獣医さんのところでも使ったことがないという抗がん剤を使っていましたので、
薬剤の在庫も取り寄せしなければ、用意できないという状態までいっていました。

今は、本当に辛くて大変だと思いますが、
愛犬にただただ感謝し、一緒に治療を乗り越えてあげてください。
本当に応援しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

miyuuさん へ


コメントありがとうございます。
ナノの治療の時にもメラノーマについて聞いたことがあります。
あまりよく覚えていないのですが、
ナノの治療をしている時、メラノーマに効くと言われている、抗がん剤か新薬について聞いたことがあります。
手術ができないとのことですが、抗がん剤治療も年齢から考えると無理なのでしょうか?
また、実験台になるようで嫌なのですが、
獣医さんを通して人間の大学病院で開発研究されている薬の情報はありますか?

うちのナノは、結局投与せずに亡くなりましたが、
人間の大学病院で開発研究されている新薬を試す直前までいっておりました。
薬の入手に大学の教授の許可も得ていました。
しかし、ナノは、それらすべてを投与することなく逝ってしまいました。
もしかしたら、もうこれ以上、毒である抗がん剤を投与し、
痛いことはしないでということだったのかなと思います。


サプリメントは、梅肉エキスですが、NHKで出ていた梅肉エキスは、
ミサトールという名前のものです。
とある大学の教授が、口の中にガンができた愛犬に牛乳にミサトールを混ぜて与えたところ、
ガン細胞が壊死してきたという結果があります。
牛乳も人間のものは犬に与えると良くないので、何でも与えると良いというわけではなさそうです。

また、漢方なども処方してくれるところもあります。
1カ月が5万円くらいだったかな。

サプリメントも犬に与えて良いもの悪いモノがあります。
しっかりと成分を確認しないといけないので、素人では難しい面があります。
私も、最初は何でも与えていましたが、これを知ってからは、かなり気を付けていました。
そして、サプリメントは飼い主の気休めでしかないのかなと思います。
私も必死でしたので、獣医さんが言っていたことにも耳を傾けなかったのですが、
獣医さんは、サプリメントは高額で、あやしいものもあり、
詐欺まがいのこともあるので、お勧めしないと言っていました。

獣医さんによっても考え方は色々です。
獣医さんは、メラノーマやガン、腫瘍を多く扱ってきた先生でしょうか?
多く扱っていなくても信頼があるので、この先生に診てもらいたいということもあります。
やはり、飼い主さんにとって今、最善の治療と生活を送ることをお勧めします。
ぜひ、ワンちゃんとの時間を多くとってあげてください。
ワンちゃんは、どんな薬よりも、いつも一緒にいる飼い主さんたちと過ごせる時間が多い方が喜ぶと思います。
そして、体調に気を使いながらですが、おいしいものを食べさせてあげてください。
あまり良い回答になっていないかもしれませんが、
また、コメントくださいね。

あけさん へ


あけさん、コメントありがとうございます。
犬種は違いますが、同じ病気ということで、辛さはよく分かります。
しかも、家のナノがリンパ腫だと診断された3月20日とは・・・(>_<)
奇妙な偶然です。(>_<)

飼い主様たちも、すごく辛いと思いますが、
抗がん剤を開始するとのことなので、しっかりと治療中の観察を続けてください。
うちは、毎朝と夜に、体温、脈拍、呼吸を測るように言われ、それを表につけていました。
また、私は、その表に、抗がん剤の薬剤の何を投与したのかを分かるように書き込みました。
その他にも、食欲不振、元気が無い、嘔吐、多飲多尿のことなど、
変わったことがあった場合は必ず書き込みました。
抗がん剤を投与するということは、飼い主さんの努力も必要で、
獣医さんと抗がん剤だけに頼ってはいけないんだと思いました。

どちらにお住まいか分かりませんが、
抗がん剤治療等は、抗がん剤のことをよく分かっている獣医さんにお願いすると良いかと思います。
もし、そちらが関東ならば、ガン専門でみている獣医さんもいますし、
関東でなくても関西方面でもガン専門で診ている獣医さんや施設もあります。
犬の抗がん剤と言っても、人間と同じ薬剤で、種類も色々です。
抗がん剤を今まで多く扱ってきている、信頼のおける獣医さんが担当であってほしいと思います。

リンパ腫は、ある日突然です。
もちろん、私たち飼い主が見た目で気付く前には、愛犬の体の中でリンパ腫が出てきているのですが。
私たちが見た目で気付いた時には、獣医さんのもとで、余命宣告でした。
まさかです。
でも、あけさんの奥様の誕生日だったということは、
もしかしたら、ワンちゃんが、奥様の悪いものを持って行ってくれているのかもしれませんね。
(ちょっと、オカルトちっくになりますが・・・)
でも、私のお爺さんもリンパ腫で亡くなっていますので、
いつか、私もリンパ腫になる要素があるのかもしれないなと思っていました。
そしたら、ナノが突然リンパ腫になりましたので、
オカルトちっくになりますが、どうしてもナノが私の悪いモノを持って行ってくれた。
私の身代わりになってくれたのかもしれないと思ったりしていました。


私もあまり詳しくありませんが、私のブログで良かったらまた来てください。
私もナノのことに関しては、私の行動ひとつひとつが良かったのか悪かったのか、
今でも、考えることがあります。
比べることは良くないですが、
交通事故や不慮の事故で突然逝ってしまうことに比べたら、
私は、ナノと今まで以上に密で穏やかな時間を過ごせたような気もしています。
それでも、もっとしてあげれることがあったのではないかとか、
サプリメントや抗がん剤よりも、おいしいものをたくさん食べさせてあげれば良かったとか
色々考えますが、きっと、いくらどれだけやっても後悔は付いてくると思います。

それから、海外での骨髄移植は、アメリカへ行った時に病院に着いてからも完全かんかいでなければできません。
費用の面では、私はナノのためなら、いくらでも出しますし、アメリカの骨髄移植のdoctorにも
日本から行って骨髄移植してもらえるかどうかを聞き、許可を得ていました。
しかし、病気の愛犬を10時間以上飛行機に乗せて、検疫などを考えると体力が心配でした。
特にナノは、完全かんかいの期間が短く、もう投与できる抗がん剤の種類が少なくなっていました。
このような状態でしたので、あきらかに無理でした。



初めまして、
私の12歳のビーグルが先月悪性黒色腫(malignant melanoma)と診断され、他にも転移している恐れがあるので手術はやめたほうがいいと獣医さんに言われました。
なんとかしてあげたい、と色々調べていたらピクナノちゃんのブログにたどり着きました。ナノちゃんのリンパ腫との戦いを読むたび、涙がでてきます。飼い主さんの必死な思い、とても分かります。きっとナノちゃんにもその思いは届いたと思います。
私も何かできるなら何もしないよりかはいい・・と思っているのですが、何かオススメのサプリメント、薬などはありますか?梅エキス、プロポリスなどは試してみているのですが効いてるのかどうかは分かりません。何かあれば、是非教えてください。
突然申し訳ございません。お返事いただけるととても助かります。どうもありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pikunano2007.blog87.fc2.com/tb.php/1698-b20cb4fd

 BLOG TOP