プロフィール

ピクナノ

Author:ピクナノ
2007年よりこちらでブログを開始いたします。よろしくお願いいたします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター

オンライン

フリー

世界一幸せな・・・

<画像は、クリックすると拡大します>


「世界一幸せなビーグル」
こう言ってくれた人がいます。
私がナノを看病していた時、ナノを亡くした時、
ピクナノのことをこのように言ってくれました。
そして、私をはげましてくれました。


ビーグルは、プードルやチワワ、ミニチュアダックスのような犬種と違い、
どちらかというと、お座敷犬ではありません。
うさぎ狩りの猟犬です。
そんなビーグルの中でもピクナノは世界一幸せらしい・・・
(*_*;
私は、ピクナノを世界一幸せなビーグルに育てたことはなくて、
むしろ、ナノは、私の所にいるのが嫌だから早く天国へ行ってしまったのだとか、
私の犬に対する知識が無いばかりにピクさんの分離不安もまねいてしまったと反省するばかり。
そして、もっとこうしてあげたらとか後悔することばかりです。


私自身、ピクナノの気持ちを読み取り理解することが出来ていなかったですし、
犬が人と生活をする中で、どうすれば一番良いのか、
どのように生活をさせてやるのが良いのか、悩みながらの生活でした。
今は、ナノが亡くなりピクと悩みながらの生活です。

ピクは、日々様子が変化しているのが分かります。
ピクも環境の大きな変化で、大きなストレスをかかえているのが分かります。
一度、専門の先生に診てもらおうかと思いましたが、
そうなると、また飛行機に乗せて東京まで行かなくてはなりません。
今後、どうしても必要になれば、東京まで行くことを考えていますが、
地震の影響もあるので慎重になります。


ナノとの闘病生活は、私を大きく成長させてくれました。
私とナノとの闘病生活を見ている人たちも、ハラハラしていたと思います。
ナノを亡くした時、私がどうなるのか、すごく心配してくれていました。
カウンセリングも利用した時期もありましたが、
今は、少しずつ生活にも変化が出てきています。
どうか、県外にいるみんな、近くにいるみんな、心配しないでくださいね。
ナノの分まで、ピクと一緒に荒波を生き抜いて見せます!


ピクさん、野生の本能で生き抜いています(*^_^*)
ピクのよくきく鼻で、ハトさんの巣があるのを見つけて、ここを離れようとしません。
20110405-11


ハトさん、ごめんね~
20110405-12


昨年、ナノと来年も見ようねって約束した桜は、ほぼ満開の状態です。
20110406-2


ここのところ、暖かい日々が続いていますから、桜さんも気持ち良さそうです。
20110406-1




このブログは「ピクの分離不安」のホームページよりリンクされています。
ホームページはこちら↓
http://www.geocities.jp/pikunano2005/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pikunano2007.blog87.fc2.com/tb.php/1715-0502c95b

 BLOG TOP