ビーグル犬のピクナノ生活 2007~2018
ビーグル犬の異母兄弟「ピクナノ」が送る日々の生活を記録します
おりこうピクさん
<画像は、クリックすると拡大します>



昨日山へ行き、シャンプーもしたので、庭で軽く放牧した後、ピクナノはお昼寝タイム。
でも、おりこうピクさんのお話しをしておきます。
めずらしく、ナノと同じようにスリスリするピクさん。
20080617-1



ピクさん、ドアの前でずっと座って待っているの。
20080617-2


ピクは、何か希望がある時、座って待って知らせてくれます。
なんて、おりこうなんでしょう\(^o^)/
親バカですが、オヤツが欲しい時、オヤツがある所で座って待って、欲しいと知らせます。
私も、オヤツをあげられないときは、「おわり」と2度3度言います。
そうすると諦めてくれるのですが、今日は、ドアの前で待っています。
ということは、ドアを開けて欲しいと言うことなんでしょう。
けれど、お昼寝の時間なので、開けません。

ナノは、ドアを自分で開けます。
それは、後日、開ける瞬間の写真を撮影しておきます。


ピクさん、最近、ドアの近くが涼しいのか、ドアのすぐ近くで寝ているので、私が入る時、ピクさんを踏みそうになります。
20080616-19



ナノは、奥のクッションでヘソ天になって寝ています。
いつものことです。
20080616-20



ピクもナノも、ようやく私と心が通うようになったというか、言うことが分かるようになったと言うか・・・
ようは、ピクナノは、おりこうさんになったと言うことでしょうか。








このブログは「ピクの分離不安」のホームページよりリンクされています。
ホームページはこちら↓
http://www.geocities.jp/pikunano2005/


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ビーグル犬のピクナノ生活 2007~2018. all rights reserved.